アルゼンチンの村で半身半獣の生物が発見される…



アルゼンチンのとある村で発見された”謎の生物”が不気味過ぎた。これはフェイクなのか…

スポンサーリンク



アルゼンチンの村に突然出現し話題になっている”謎の生物”のご紹介。
 
問題の生物は、アルゼンチンのサンタフェ通りにある監視カメラによって撮影されました。写真には長い手足で四足歩行をする生物が映し出されており、この生物によってドイツシェパードとピットブルが殺されていたのだそう。
 
1.

 
この生物を目撃したという人物の証言では「カンガルーのような動きをしていた。」「2005年に目撃した時は、橋を渡っていた。」などの情報が判明しています。
 
一部住民の間では、「チュパカブラの仕業だ」「そいつの正体は悪魔だから、どんな動物にでも乗り移ることが出来る」など、様々な憶測が飛び交っている模様。
 
via:nypost

人気記事①

人気記事②

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

アルゼンチンの村で半身半獣の生物が発見される… への4件のフィードバック

  1. 匿名 2018年4月24日8:45 PM

    なんだフェイクが明らかになてる画像やん

  2.   2018年4月25日1:29 PM

    ワンコだ

  3. 匿名 2018年4月25日2:51 PM

    シェパードとピットブルが殺されたなんてあきらかに狙った情報だな

  4. 匿名 2018年4月25日6:32 PM

    ピットブルの方が強そうだけど、どんな技を使うのかな。

コメントをお待ちしております!※コメントが反映されるまでに時間が掛かる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。