投球障害(イップス)に陥った男性、半年間でここまで回復する



一時期キャッチボールの動画で話題になった、「投球障害(イップス)」に陥った男性の半年後を撮影した動画。確実に良くなってる…

スポンサーリンク



2017年9月にyoutubeにアップされ話題となった「投球障害(イップス)」に陥った男性の、その後の回復経過を撮影した動画が話題となっているようです。
 
投球障害(イップス) と題され投稿された一本目の動画は、当時ネット中で話題を呼び、現在までの総再生回数は436万回を超え、約5,300件ものコメントが寄せられています。
 

 
※約半年後に撮影された動画↓
 

 
同じ動画投稿者の「POZO」さんによってアップされた下記動画では、イップスに陥った張本人である「イップス松井」さんから、自身がイップスになった原因が語られており、彼自身の証言によると、ある野球大会で肩を酷使して以来、イップスの症状が酷く表れるようになったのだそう。
 

 
イップスとは、主に精神的な原因などによってスポーツの動作に支障をきたし、自分の思い通りのプレーができなくなる運動障害のことであり、本来はゴルフの分野で用いられ始めた言葉でしたが、現在ではスポーツ全般で使われるようになっています。
 
※イップスに陥ってしまったとされるプロゴルファーの動画↓
 

 
ネットの反応
・イップス松井は笑う
・回復してたのか。よかったなぁ
・良い人そうなだけに衝撃的
・人柄の良さが滲み出てるな
・イップスって普通は精神的トラウマでなるもんじゃないの?
・本人が否定してるよ
・体が拒否してる感じがするね
・本当に突然なるんだよな
・まだ全然マシな方。重度の人は投げることすらできない
・プロでこんなことになったら絶望だな
 

人気記事①

人気記事②

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

投球障害(イップス)に陥った男性、半年間でここまで回復する への4件のフィードバック

  1.   2018年4月11日4:59 AM

    イップスは投球障害じゃなく運動障害やで
    漫画家で線がまっすぐ引けなくなったりタイピングが出来なくなったり精神的なプレッシャーに日々さらされてる運動が心的要因が脳に作用して起きるストライキ現象って言われとるよ

  2. 匿名 2018年4月12日10:02 PM

    精神的なしゃっくりやな

  3. 匿名 2018年4月13日1:27 AM

    俺は中学一年のときに吃音の症状が出て、約10年ほど経ってやっと寛解して、どもらなくなった経験があるんだけど、それに似ている気がする。

  4. 匿名 2018年4月13日9:59 PM

    第一次大戦のときの塹壕障害も似たようなもんかね。
    爆撃音などの強いストレスに長期にさらされると、歩行などの運動に明らかに障害が出てくる。 
    耳から聞こえる情報やストレスで、運動に障害が出てくるのがつらいね。心を直さないと体が治らない。

コメントをお待ちしております!※コメントが反映されるまでに時間が掛かる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。