12歳から6年間痴漢され続けた女性、顔出し抗議を敢行する…



12歳から6年間痴漢され続けていたという日本人女性のご紹介。6年間毎日…

スポンサーリンク



2017年にフランスで出版され、現地で話題になった小説「TCHIKAN(痴漢)」。この本は、著者である「佐々木くみ」さんの実体験に基づいて執筆された物語なのだそうで、中学・高校時代、毎日のように痴漢被害に遭っていた彼女は、30半ばを迎える現在でも、電車に乗ることや男性そのものに対し恐怖心を感じることがあるといいます。
 
日本特有の性犯罪と言われる痴漢行為の実態が描かれた本書は、すぐさまフランス中で話題となり、佐々木さんは多くのメディアから取材を受けるようになりました。そして、かつての自分のように痴漢被害に悩まされている女性を1人でも減らすべく、意を決した佐々木さんは、顔出しでのメディア出演を承諾したのでした。
 
1.

 
2.

 
3.

 
海外の反応
・hentaiの国
・私なら何があっても電車に乗るのをやめる
・6年間一度も痴漢対策をしていなかったのか
・なぜわざわざ小説にしたんだ?
・当時の写真はどうした
・パリの地下鉄は安心なの?
・↑今まさに急増している
・何十、何百年も前からそういう類の人間はいるよ
・10年以上電車通勤だけど、こんな経験一回もないわ
 

人気記事①

人気記事②

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

12歳から6年間痴漢され続けた女性、顔出し抗議を敢行する… への6件のフィードバック

  1. 匿名 2018年4月9日9:56 PM

    嘘松

  2. 猫より犬派 2018年4月10日3:03 AM

    痴漢に一回もあってなさそうwww

  3. 匿名 2018年4月10日3:27 PM

    男の娘じゃん

  4. 匿名 2018年4月10日5:13 PM

    整◯顔キ◯過ぎwww

  5. 匿名 2018年4月11日9:51 AM

    痴漢は犯罪ではありません。
    犯罪として扱う連中に最大限の罰を与えないといけません。

  6. 匿名 2018年4月11日10:07 PM

    顔出しっていうけど、伊達メガネにウィッグだよね?
    なぜに

コメントをお待ちしております!※コメントが反映されるまでに時間が掛かる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。