ロシアの孤島で切断された54個の手首が見つかる…



ロシアのとある孤島でバッグに詰められた54個の手首が見つかったというニュース。気味が悪過ぎる…

スポンサーリンク



ロシア・ハバロフスク近郊で、合計54個の”人間の手首”が詰められたバッグが発見され、ロシア中を騒がせています。
 
その恐ろしいバッグが発見されたのは、中国国境からわずか3kmほどの距離しかないハバロフスク・アムール川の孤島。地元民には人気の釣りスポットとして親しまれていたそう。
 
バッグが発見された当初、その手首達は、ロシアか中国のマフィアによって葬り去られた者達の遺体の一部、あるいは罰として手を切り落とされた組員のものであるなどと噂されていましたが、地元警察によって捜査が開始されると、その可能性はすぐに否定されました。
 
地元警察の発表によると、見つかった手首達は解剖医によって遺体から切り取られたものであったのだそう。ロシアでは、遺体埋葬後に身元を特定するための指紋認証を行うため、遺体から手首を切り取って保存するという行為自体は珍しくないのだそう。今回の事件は、それらの切り取られた手首が何らかの理由で不法投棄されてしまったことによる事件だったというのです。またその可能性を裏付ける証拠として、バッグが発見された現場の周囲では、医療用シューズカバーやガーゼが見つかっているのだとか。
 
1. ※画像クリックで赤モザイク解除
 title=
 
2. ※画像クリックで赤モザイク解除
 title=
 
地元警察の見解によると、切断された手首の処分費用を浮かせようとした病院によって不法投棄された可能性が高い、とされているそうですが、一部の地元住民の間では「臓器売買のために殺された被害者の一部」「反同性愛者グループによって殺害された者達の手首」など、未だに様々な憶測が飛び交っている模様。
 

人気記事①

人気記事②

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

ロシアの孤島で切断された54個の手首が見つかる… への1件のフィードバック

  1. うんこ 2018年4月7日12:02 AM

    まあ、ゲイボーイならありえるな

コメントをお待ちしております!※コメントが反映されるまでに時間が掛かる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。