父親の子を妊娠・出産し逮捕された美少女JKがコチラ…



自らの意思で実の父親の子供を妊娠・出産してしまった女子高生のご紹介。闇深過ぎる…

スポンサーリンク



1998年、「スティーブン・プレイドル(現42歳)」は当時17歳だった妻との間に「ケイティー・プレイドル(現20歳)」をもうけました。しかし、ケイティーさんは生まれてから間もなくして養子に出されており、夫婦はそれ以降にもうけた二人の子供と一緒に暮らしていたのだそう。
 
それから約18年後、ケイティーさんはSNSを通じて実の両親を探し出すことに成功。彼女はスティーブンさん達と共に暮らすこととなりました。しかし、その3ヶ月後にプレイドル夫妻は別居することとなり、妻は2人の子供を連れて家を出ていってしまいます。この時、すでにスティーブンさんとケイティーさんは、同じ部屋で一緒に寝るようになっていたのだそうですが、妻はまだ2人の関係に気付いてはいませんでした。
 
それから約半年後、妻が連れて出た子供の日記を読んだことから衝撃の事実が発覚しました。そこには、スティーブンさんが2人の子供にケイティーさんを”母親”として接するように教えられていたこと、また、スティーブンさんがケイティーさんを”妊娠”させていたことが記されていたのです。
 
事実を知った妻はすぐさま警察へと通報。スティーブンさんとケイティーさんは一連の事実を全面的に認め、更には、2人は結婚しようとしていたことまで話したのだそう。警察が逮捕状を持って2人の家を訪れた時、家にはすでに2人の間に生まれた子供がいました。
 
1.

 
2.

 
3.

 
4.

 
5.

 
2人は、姦通罪・近親相姦など複数の罪で起訴され、それぞれが約一億円を超える保釈金を科せられ拘置所へと収監されました。一部の海外ニュースサイトの情報によると、スティーブンさんだけは保釈金を支払い身柄を釈放されているとのこと。
 
海外の反応
・狂っている
・どれだけ可愛くても娘は無理
・生まれた子供に異常はなかったのか?
・この子供は父親と祖父が同一人物ということになるのか
・↑ケイティーは母親であり、姉でもあるな
・近親相姦によって出来た子供は約50%の確率で何らかの障害を持って生まれている
・彼はナルシストだから、自分に似ている娘に惚れたんだろう
 
via:dailymail

人気記事①

人気記事②

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

父親の子を妊娠・出産し逮捕された美少女JKがコチラ… への3件のフィードバック

  1. 名無し 2018年3月31日5:17 AM

    第一代目の近親相姦で出来た子供の遺伝的損失はそれ以外のケースと違いはない。
    それよりも、女性の高齢出産でおこるダウン症の対策を急ぐべきであり、宗教てき、モラルてきに白眼視される、この様なケースに多大な、×を与える事は、どうかと思う。

  2. 匿名 2018年3月31日8:11 AM

    避妊すればいい

  3. 通行人 2018年3月31日10:53 PM

    幸せそうじゃないか・・・がんばれ!
    ( もちろん両者 成人で合意の上の場合だが
    社会道徳や宗教を刑罰規定に盛り込むべきではないだろ。
    日本は、近親相姦罪・姦通罪ともに廃止されてるよね )

コメントをお待ちしております!※コメントが反映されるまでに時間が掛かる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。