【ギネス世界記録】世界一多く売れている小説TOP10



世界で最も売れた小説を10位からランキング形式でご紹介。
※単一書籍としての売上部数を基にして順位付けしています。

スポンサーリンク



 
10位
思考は現実化する(原題:Think and Grow Rich)
著者:ナポレオン・ヒル(Napoleon Hill)
発行部数:約7,000万部

 
1908年当時、新聞記者であったナポレオン・ヒルが、世界一の鉄鋼王と称されるアメリカの実業家のアンドリュー・カーネギーにインタビューをした際、「20年間かけて500名以上の成功者を科学的に研究分析し、成功哲学を体系化してくれないか」と頼まれたことをきっかけに執筆された、”成功哲学の理論書”。
 
9位
ダ・ヴィンチ・コード(原題:The Da Vinci Code)
著者:ダン・ブラウン(Dan Brown)
発行部数:約8000万部

 
長編推理小説。内容はすべてフィクションですが、著者自身によって「この小説の内容は全て、事実に基づいて記述している」と語られています。作中には、実在する組織と架空の組織などが混在して描かれており、その内容の真偽を巡って大きな反響が巻き起こりました。
 
8位
洞窟の女王(原題: She: A History of Adventure)
著者:サー・ヘンリー・ライダー・ハガード(Sir Henry Rider Haggard)
発行部数:約1億部

 
アフリカが暗黒大陸と呼ばれていた時代の、人類未踏の地を舞台にした冒険小説。
 
7位
紅楼夢(こうろうむ)
著者:曹 雪芹(そう せっきん)
発行部数:約1億部

 
「西遊記」「三国志演義」「水滸伝」などと共に、中国四大名著と称される中国長篇白話小説。隆盛を極めた貴族の家庭が凋落していくさまを描いています。
 
6位
そして誰もいなくなった(原題:And Then There Were None)
著者:アガサ・メアリ・クラリッサ・クリスティ(Dame Agatha Mary Clarissa Christie)
発行部数:約1億部

 
ミステリーの女王と呼ばれたアガサ・クリスティの長編推理小説。孤島から出られなくなった10人が1人ずつ殺されていくというシチュエーションは、”クローズド・サークル”、いわゆる”密室モノ”の代表作として評されています。
 
5位
ハリー・ポッターと賢者の石(原題:Harry Potter and the Philosopher’s Stone)
著者:ジョアン・ローリング(Joanne Rowling)
発行部数:約1億700万部

 
言わずと知れた児童向けファンタジー小説「ハリー・ポッター」の第1巻。1997年当時、全くの無名新人作家のファンタジー処女作であったにもかかわらず、出版されるやいなや世界的ベストセラーとなりました。
 
4位
星の王子さま(原題:Le Petit Prince)
著者:アントワーヌ・マリー・ジャン=バティスト・ロジェ・ド・サン=テグジュペリ
(Antoine Marie Jean-Baptiste Roger, comte de Saint-Exupéry)
発行部数:約1億4000万部

 
子供向けの体裁をとっていながらも、人生における重要な問題について説き、強烈な風刺が効いた哲学的表現を用いて数多くの大人を惹きつけてきた、世代を超えて愛されるロングセラー。
 
3位
ホビットの冒険(原題:The Hobbit)
著者:ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン(John Ronald Reuel Tolkien)
発行部数:約1億4000万部

 
指輪物語(The Lord of the Rings)のプロローグ的位置づけにある、児童向けファンタジー小説。
 
2位
指輪物語(原題:The Lord of the Rings)
著者:同上
発行部数:約1億5000万部

 
妖精や魔法使いなど架空の存在が登場する異世界を舞台とした、”ハイ・ファンタジー”の始祖と称されるファンタジー小説。1937~1949年にかけて、第二次世界大戦の真っ只中で執筆された。2001~2003年に、映画「ロード・オブ・ザ・リング」三部作が公開されたことにより、本作の認知度がより高まることとなりました。
 
1位
二都物語(原題:A Tale of Two Cities)
著者:チャールズ・ジョン・ハファム・ディケンズ(Charles John Huffam Dickens)
発行部数:約2億部

 
フランス革命期のパリとロンドンを舞台として巻き起こる、四人の男女の悲劇的な恋愛模様を描いた長編小説。歴史上最も多く売られた小説としてギネス世界記録登録されています。

人気記事①

人気記事②

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

【ギネス世界記録】世界一多く売れている小説TOP10 への1件のフィードバック

  1. 匿名 2017年12月13日3:34 PM

    ナポレオン・ヒルの著作が小説扱いで草
    まぁフィクションである事に違いはないんだが

コメントをお待ちしております!※コメントが反映されるまでに時間が掛かる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。