【画像】”シベリアの熊”を狩るために作られた防護服がヤバすぎる…



19世紀のロシアで使用されていた、対熊用の特殊スーツが怖すぎた。発想がおそロシア

スポンサーリンク



百年以上昔のロシアで使用されていたと言われている対熊用の防護服が恐ろし過ぎたのでご紹介。百聞は一見にしかず、まずは画像をご覧ください。
 
1.

image credit:buzzfeed
 
2.

image credit:buzzfeed
 
革製のボディは長さ約2.5cmほどの鋭い針に全体を覆われており、鉄製のヘルメットもまた、無数の針に覆われています。針は約2cmの間隔で付けられていて、手首から先以外を覆い尽くしています。正式名称を「Wildman」と呼ぶそう。
 
いかにも殺る気満々といった感じの見た目をしていますが、その構造上、森を動き回る熊を狩るのには向いておらず、また、針を支える革の耐久性が乏しかったことから、実際には使用されなかったのではないか、という声も挙がっているようです。
 
3.

image credit:edmundsnowcarpenter
 
4.

image credit:edmundsnowcarpenter
 
海外の反応↓
・これを着てれば誰かとぶつかることは無くなるな
・アメリカのホラー映画みたい
・隙間が空きすぎてて自分が怪我をしそう
・ゾンビ対策に最適
・フリーハグ!
・熊の皮膚の厚さを侮ってはいけない
・ドン・クリークを思い出した
・敵だったら面倒くさいタイプの奴だな
・デスメタルを感じる
・スリップノットのメンバーにこんな奴いなかったか?

人気記事①

人気記事②

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

【画像】”シベリアの熊”を狩るために作られた防護服がヤバすぎる… への3件のフィードバック

  1. 匿名 2017年9月25日3:55 AM

    熊舐めすぎ。こんなの針の上から殴り殺されるわ。
    痛みを理解する頃には数人犠牲になり、次の熊でもまたその繰り返し。

  2. ポンポコ戦隊ケモレンジャー 2017年12月6日1:34 AM

    ぎゅうううううっ~~~~とだきしめるゥ~~~~~
    だきしめのお仕置ズラ─────ッ!!

  3. 匿名 2017年12月6日3:25 AM

    逆アイアンメイデンかよ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。