熱狂的ファンやストーカーに人生をブチ壊された芸能人5選



狂信的ファンの異常行動によって人生を滅茶苦茶にされた芸能人5選をご紹介。スターならではの苦悩…

スポンサーリンク



競争の激しい芸能界で活躍する人気タレントには、私達の想像をはるかに超える数のファンがいます。それは、私達の多くが”一般人”の名前よりも多くの”タレント”の名前を知っていることを考えれば不思議なことではありません。それにもかかわらず、私達はその”タレント”達と顔を合わせるということは滅多にありません。
 
しかし、”真に魅了されたファン”は違います。彼らは時にどんな手段を使ってでも憧れのタレントに近付き、何らかの関わりを持とうと画策します。脅迫・ストーカー・抗議の自殺など、もはやその愛情表現は常人には理解できない域に達しており、心理学者達は彼らを「芸能人崇拝症候群」の患者であると話します。
 
今回は、そんな病的なファンによって重大な被害を受けてしまった人気芸能人5人をご紹介します。
 
No.1 ビョーク
 

 
アイスランド出身の世界的シンガーソングライター「Björk(ビョーク)」。彼女は、ある一人のファンによって人生の選択を大きく変えさせられることとなりました。
 
そのファンの男「Ricardo Lopez(リカルド・ロペス)」は、数年間に亘ってビョークを応援し続けてきた熱狂的ファンでした。しかし、1996年にビョークが婚約発表を行った際、リカルドは彼女が自分以外の男と結婚するという現実を受け入れることが出来ず、その結果彼は、彼女に強力な硫酸爆弾を送り付けた後に自殺するという復讐を決意したのです。
 
警察はリカルドの遺物から復讐の計画を知ることが出来たため、幸いにも爆弾がビョークの元へと届けられることはありませんでしたが、この事件がきっかけとなり、ビョークは当時の婚約者と破局してしまいました。
 
リカルドが復讐を決意してから自殺するまでを記録したビデオメッセージ

 
No.2 ジョディ・フォスター
 

 
言わずと知れたアメリカの大女優「Jodie Foster(ジョディ・フォスター)」。1976年に公開された映画「Taxi Driver」で売春婦役を演じた彼女は、後に彼女の人生を大きく振り回すこととなる、ある男を魅了してしまいました。「John Hinckley(ジョン・ヒンクリー)」という名のその男は、「Taxi Driver」で見たジョディに一目惚れしてしまい、強い恋心を抱くようになったのです。
 
2-1. 「Taxi Driver」より、12歳の売春婦役を演じるジョディ・フォスター

 
それからのジョンは、ジョディが通っていた名門大学に聴講生として忍び込み、後をつけて自宅の住所を調べ上げるなど、様々な方法で彼女とのコンタクトを図りました。しかし、最初はただのファンとして接していたジョディも、ジョンからの執拗なアプローチに嫌気がさし、彼に対してきっぱりと拒絶する反応を示しました。
 
こうしてジョディから嫌われてしまったジョンは、彼女の気を引くためにある計画を企てます。それは”大統領の暗殺”というとんでもない計画でした。そして彼は、”大統領の暗殺という大事を成し遂げればジョディが振り向いてくれる”という思いの元、計画を実行に移しました。
 
計画実行の直前にジョンがジョディに宛てた手紙の内容がコチラ。
 
「私は7ヶ月間にも亘って、あなたに沢山の手紙や詩、愛のメッセージを送りました。しかし、あなたが私に興味を持ってくれるかもしれないという希望は虚しく消え去りました。私達は数回電話で話しましたが、私はあなたに強引な自己紹介をしたつもりはありませんでした…。私がこの計画を実行するのは、私はもうこれ以上あなたに好かれることを待っていられないからです。」
 
その結果、大統領を暗殺するという計画自体は失敗に終わったものの、大統領を含む4名が重軽傷を負いました。この事件によって、世間の同情を引いたジョディは、自身のことを”不運な傍観者”であったと語っています。
 
ちなみに、後に彼女は自身が「同性愛者」であることをカミングアウトしており、2014年には女性写真家との同性結婚を果たしています。
 
No.3 クリスティーナ・グリミー
 

 
アメリカの人気オーディション番組「The Voice」への出演や、様々な名曲のカバー動画をYoutubeにアップしていることで知られていた女性シンガーソングライター「Christina Grimmie(クリスティーナ・グリミー)」。彼女は2016年6月にフロリダ州オーランドで行ったライブの終了後開かれたサイン会の途中に、ある一人の男性ファンから3発の銃撃を受け命を落としました。
 
「Kevin James Loibl(ケビン・ジェームズ・ロイブル)」という名のその男は、クリスティーナの熱狂的なファンの1人でした。彼はクリスティーナを”運命の人”だと思い込み、彼女と結婚するのは自分であると信じて疑いませんでした。しかしとある日のこと、彼は彼女に恋人がいることを知ってしまいます。この時現実を受け入れることが出来なかった彼は、彼女を殺害し自分も自殺するという「無理心中」の計画を思いついたのでした。
 
事件当日、サイン会にて”ハグ”をしようと両手を広げて待つクリスティーナに向かって、ケビンは3発の銃弾を浴びせました。その直後、ケビンはその場に居合わせていたクリスティーナの兄によってタックルされましたが、間もなくして自身に発砲し自殺。クリスティーナは瀕死の状態で病院へと運び込まれましたが、事件翌日に息を引き取りました。(享年22)
 
彼女の追悼式には、家族・友人・ファンを含めて約1,500人以上もの参列者が訪れ、彼女の死を悼みました。また、彼女が任天堂から発売されているゲームシリーズ「ゼルダの伝説」の大ファンであったことから、彼女のファンからは、クリスティーナを当時未発売であった「ゼルダの伝説」シリーズ最新作にオマージュキャラとして出演させてあげてほしいという署名が約75,000人分集まったのだそう。
 
事件後、クリスティーナの家族によって投稿されたメモリアル動画

 
No.4 セレナ・キンタニーヤ・ペレス
 

 
かつてアメリカで絶大な人気を誇ったメキシコ系アメリカ人の女性シンガー「Selena Quintanilla-Pérez(セレナ・キンタニーヤ・ペレス)」。歌手以外にも、モデル・デザイナー・女優など多方面で活躍し、当時人気絶頂であった彼女は、親友かつ自身のファンクラブの会長を務めていた女「Yolanda Saldívar(ヨランダ・サルディバル)」によって殺害されました。
 
12歳でアルバムデビューを果たし、16歳の頃にはテハーノ・ミュージック・アワードにおいて最優秀女性ボーカリストに選出され、22歳でグラミー賞のメキシカン・アメリカン・アルバム賞を受賞した彼女は、当時誰もが羨む大スターでした。そんな中、ヨランダはセレナの側近としての特権を利用し、ファンからのプレゼントやブティックの売り上げを着服していました。また、セレナの身の回りの世話までをも任されていたヨランダは、本人からもお金をこっそりと着服していたのだそう。
 
しかしある日、セレナはヨランダの着服行為に気が付いてしまいました。この時のセレナは、ヨランダに対して注意をするだけで済ませましたが、反省したように見えたヨランダが再び着服行為を働いたことが判明すると、ヨランダはセレナの父親によって解雇されることとなりました。
 
後日、手続きに必要な書類を受け取るため、セレナはヨランダの元へと向かいましが、2人はそこで口論となり、セレナは銃を持っていたヨランダによって銃撃され命を落としました。逮捕後のヨランダは、セレナの死は事故であったと主張しましたが、現場を目撃していた者の証言によってその訴えは退けられ、彼女には終身刑が言い渡されました。
 
セレナの葬儀には約60,000人を超える参列者が訪れ、テキサスのラジオ放送局は彼女の曲をノンストップで流し続けました。また、当時テキサス州で州知事を務めていたジョージ・W・ブッシュは、セレナの誕生日を「Selena Day(セレナの日)」と定めました。
 
No.5 アンディ・ラウ
 

 
約20年間もの間、香港の映画業界でトップを走り続ける大人気スター「劉 徳華(アンディ・ラウ)」。数多くの熱狂的なファンを抱えている彼には、とんでもないストーカー事件に巻き込まれた過去があります。
 
1994年、当時16歳の女の子だった「楊麗娟(ヤン・リージュエン)」は、夢の中でアンディに甘い言葉を囁かれたことがきっかけで彼の大ファンとなりました。それからというものの、ヤンはアンディのグッズを買い揃え、彼が出演する作品は全てチェックし、毎日彼へのファンレターを書き続けました。また彼女は、再び夢の中でアンディと会うために、1日のほとんどを寝て過ごすようになり、次第に彼女は学校にさえ通わなくなっていきました。
 
時は流れ1997年、20歳となったヤンは”アンディに会いたい”という気持ちを抑えることが出来ず、両親が借金をして捻出した旅費を使って香港へと向かいました。しかし、ヤンが香港に向かったところで夢のような展開が待っているはずもなく、家に帰ってきた彼女は号泣しながら両親に不満を漏らしたといいます。ヤンを不憫に思った両親は、その後も彼女の追っかけ活動をサポートするために、ありとあらゆる方法で追っかけ費用を捻出しました。やがて両親は「家」までをも売却しており、父親は自分の腎臓を売ろうとしたこともあったのだそう。
 
そして2007年、香港で行われてファンミーティングにて、ついにヤンはアンディとの対面を果たしました。こうしてヤンの長年の夢が果たされたと両親が安堵したのも束の間、ヤンはアンディとの対面が自分の理想とは違ったことを嘆きました。
 
「アンディが夢の中で言っていたことと違うわ!彼は私を他のファンと同じように扱ったの!」
 
家までをも売却し全財産を投げ打って娘を応援していたヤンの父親は、アンディの対応に激怒。その翌日、ヤンの父親は「アンディが娘と一対一で会わなかった」という内容の抗議文を残し、香港の海に身を投げ自殺しました。
 
事件の発覚直後、ヤンは世間からのバッシングを一身に浴びながらも「死んだ私の父に申し訳ないという気持ちがあるのなら、アンディは今すぐ私に会うべきだわ!」と語っています。
 
事件発生当時のアンディは精神的に深刻なダメージを負い、しばらくの間は精神科通いを続けていたのだそう。また信じられないことに、事件を知った者の中にはアンディを責め誹謗中傷する者も少なくなかったのだそうで、彼は後のインタビューで「当時のことは今でもはっきり覚えています。思い出したくない過去ですが。」と語っています。
 
「最強のストーカー」として世界中に名が知れ渡ったヤンは、2014年に中国のインタビュー番組に出演し、当時のことを振り返って次のように語っています。
 
5-1.

 
「自分にも非はあったが、メディアがことを大きくしたのは間違いありません。」
 
「アンディのグッズは全て捨てました。今はもう暗い過去を抜けだしたんです。」
 
「この7年間は亡くなった父を思い懺悔する気持ちでいっぱいでした。」
 
時折涙を見せながらこう語った彼女は、現在は化粧品会社に勤め母親を養っているのだそう。
 
 
 
ちなみに、この事件が発生した翌年には、アンディの「婚約者」を自称する女性が現れており、彼女は”アンディとは18年間の付き合い”であると主張し、2人の親密度を証明するという謎のメモを現場に居合わせた記者たちに向かって見せつけました。
 
5-2.

 
via:therichest

人気記事①

人気記事②

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

熱狂的ファンやストーカーに人生をブチ壊された芸能人5選 への57件のフィードバック

  1. 匿名 2017年9月6日1:04 AM

    この世に妄想バカの種は尽きない。

  2. 匿名 2017年9月7日12:16 AM

    最後の中国人が全く反省してないのがさすがのチャイナだわ

  3. 匿名 2017年9月7日12:53 AM

    夢を売ってる商売だからしょうがない(鼻ホジ

  4. 匿名 2017年9月7日5:05 AM

    ここで紹介されている加害者側の見た目が全員アレなのは、抽出が意図的なのか、傾向として実際に相関関係があるのか。
    ただ、容姿がアレだと性格も歪むだろうと納得をしてしまう自分が居る。

  5. 匿名 2017年9月7日6:01 AM

    こいつらは所詮は見世物だからな

  6. 匿名 2017年9月7日10:51 AM

    なかなか興味深い記事でした

  7. 匿名 2017年9月7日3:20 PM

    スポーツマンなら銀メダリストの鈴木大地

  8. 匿名 2017年9月7日4:13 PM

    芸能人なんぞアニメと同じ、絵に描いた餅と知れよ。見るだけ。

  9. 匿名 2017年9月7日5:35 PM

    ジョン・レノンが入ったないのは謎

  10. Fatboy 2017年9月7日7:12 PM

    アンディと言えばフグだろ。

  11. 匿名 2017年9月7日9:49 PM

  12. 匿名 2017年9月7日10:02 PM

    有名になるって事は、こういう気持ち悪い奴らに付け狙われる危険も覚悟しないとな。

  13. 匿名 2017年9月7日10:26 PM

    5番酷いなw
    関係妄想、特に恋愛妄想系の狂人は野放しにすべきじゃないと思う
    命を奪われずに済んだとしてもダメージが大きすぎる

  14. 匿名 2017年9月7日10:28 PM

    最後の中国人の奴昔テレビ(仰天ニュースか何か)で見たわ
    ストーカー女の衝撃の写真とか言って公開された時会場がどよめいてたしめっちゃ怖かったわ

  15. 匿名 2017年9月7日11:41 PM

    ビョークを殺そうとした男のビデオ怖すぎる

  16. 匿名 2017年9月8日4:44 AM

    ブ◯イクなファンばっかだな

  17. 匿名 2017年9月8日6:07 AM

    最後おれも仰天で見たな
    完全にアレだな

  18. 匿名 2017年9月8日12:51 PM

    No.5に関しては本人だけじゃなく父親までが同時に狂ってるというのがすごいな。
    狂った父親の娘だから狂ってたのかもしれんが。

  19. 匿名 2017年9月8日2:15 PM

    日本で最近だと、スピッツの草野政宗のファンのストーカー女が
    イかれた動画とか写真投稿してて強烈にヤバかったね

  20. 匿名 2017年9月8日2:33 PM

    ジョンレノンがいるだろ……

  21. 匿名 2017年9月8日5:00 PM

    >ジョン・レノンが入ったないのは謎
    よく誤解されてるけど、レノン事件の犯人はレノンのファンだったわけじゃないから

  22. 匿名 2017年9月8日5:28 PM

    世の中信じられない基地外が沢山いるな

  23. 匿名 2017年9月8日6:42 PM

    若かりし頃のジョディーフォスターは確かに魅力的ではある
    しかし物凄いとばっちりだな

  24. 匿名 2017年9月8日10:01 PM

    なんだかんだいってレーガン大統領が可愛そう

  25. 匿名 2017年9月9日12:24 AM

    >>ジョン・レノンが入ったないのは謎
    >よく誤解されてるけど、レノン事件の犯人はレノンのファンだったわけじゃないから

    奥さんっていう皮肉なんだろ

  26. 匿名 2017年9月9日2:03 AM

    ※4「容姿がアレだと性格も歪むだろう」

    容姿がアレな場合、努力しないと恋人が出来にくい
    努力せずアイドルや妄想などの逃避に走る
    中にはさらにこじらせてストーカーになる者もいる

    容姿が綺麗な人より劣る人の方がストーカーになる確率の高い環境にあるかもな

  27. 匿名 2017年9月9日2:15 AM

    オタクどもと紙一重

  28. 匿名 2017年9月9日5:40 AM

    殺人犯なんかよりも、最後のキ◯ガイ女が一番悪質というオチ

  29. 匿名 2017年9月9日8:16 AM

    ◯スばっかだなw

  30. 匿名 2017年9月9日11:27 AM

    ビヨークが婚約者と破局したことだけは”人生ぶち壊された”とは違う気がする。婚約者が本当に愛してれば「そんなストーカーから守ってあげなきゃ」って思いそうなものなのになあ

  31. 匿名 2017年9月9日1:18 PM

    既知外最強説は揺るぎない

  32. 匿名子 2017年9月9日7:36 PM

    憧れから愛になり
    愛から憎しみに変わる…怖いね自己愛が強い人は。

  33. 匿名 2017年9月9日7:36 PM

    アンディの2ショット写真が森山〇太朗さんに見えた

  34. 匿名 2017年9月10日2:05 AM

    日本だと小金井の殺人未遂なんかがガチだね。
    ネタとしてはウーマンラッシュアワー村本のストーカー逮捕された話がリアルな恐怖で面白かった。笑い事じゃないけど。

  35. 匿名 2017年9月10日4:18 AM

    男女関係なくブ◯イクは害悪だな。

  36. 匿名 2017年9月10日9:11 AM

    金を払っている間だけ見れる夢。
    現実の区別がつかない愚か者が多いな。

  37. 匿名 2017年9月10日4:11 PM

    最近アンディ見ないと思ったらこんな事になってたのか

  38. 匿名 2017年9月10日7:29 PM

    パルモは僕の嫁!!1(イカれた顔しながら

  39. 匿名 2017年9月10日8:41 PM

    アンディラウのストーカーは今はまともになって社会復帰してるって仰天で言ってなかったけ

  40. 匿名 2017年9月10日10:36 PM

    >>匿名 2017年9月7日3:20 PM

    >>スポーツマンなら銀メダリストの鈴木大地

    知ったかぶりすんなバカが。
    鈴木大地は88年ソウル五輪の金メダリストだ!

  41. 匿名 2017年9月12日2:36 AM

    どれがひどい とか言っている奴いるけど、
    全部ひどいよ

  42. 匿名 2017年9月20日12:57 AM

    つーか日本の芸能人の事かと思って楽しみにしたのに

  43. Gabriele 2017年10月26日3:25 PM

    Wow! Perfect blog! I prefer the way you illustrated 熱狂的ファンやストーカーに人生をブチ壊された芸能人5選 .
    Incredibly, I’ve never imagined that person should be able to discuss 熱狂的ファンやストーカーに人生をブチ壊された芸能人5選 not a
    soul. Web site! It has been very worthwhile to
    understand .
    I want to experience this sort of reasonable writing skills although i ‘m horrendous marketing .

    In case there are folks who have extremely complication, I will
    support this approach players dissertation writing services
    reviews. They can scribble solid accounts onto the most
    in-demand internet based scribbling internet pages

  44. 匿名 2017年11月24日8:22 PM

    BBAでも職場で元気つけようと仲良くなるとどんどん入り込んでくる人がいる。徐々にエスカレートして親のように叱りだしたり頑張れないのは弱いとか休みに出会ってもどんどん入り込んでくる。
    (教訓)30代までは、へたに女に優しくしてはいけない。敬語以外で話さない。

  45. 匿名 2017年12月1日2:53 AM

    どっちもどっちだな
    害脳人なんてこんなもんだからね
    それと知らずに夢中になるキモオタもどうかと思う

  46. 匿名 2017年12月1日3:39 AM

    ジャニのタッキーにも糖質BBAがまとわりついてたっけ

  47. 匿名 2017年12月1日8:06 AM

    氷室さんも入れてやれ
    ファンに実家を放火されてるんだぜ

  48. 匿名 2017年12月1日9:44 AM

    ストーカーでも幽霊でもいいから
    俺とおしゃべりしてくれ!

  49. 匿名 2017年12月1日9:57 AM

    中国のやつは、言い分が正にシ◯独特の思考回路だろうな。
    自分は悪くない相手が悪い。
    こんな国のヤツラと交流なんてまっぴらだわ。

  50. 匿名 2017年12月1日11:15 PM

    やっぱり不◯工ばっかりだな

  51. 匿名 2017年12月2日1:29 AM

    日本だと富田真由さんが有名だろうな

  52. ななしばーん 2017年12月2日11:06 AM

    あの映画を思い出した。復讐のため、相手の娘のかったペット兎を鍋で茹でた。

  53. 匿名 2017年12月2日4:32 PM

    中国的

  54. 匿名 2017年12月9日9:54 PM

    アンディラウの例のストーカーは、精神異常じゃね?
    親子だし遺伝したんだろ シナ人特有というなら、もっとたくさんのストーカーが出てるんじゃね

  55.   2017年12月10日9:35 AM

    ヤン・リージュエンってのは歯茎もオッカネエな。

  56. 匿名 2017年12月10日5:34 PM

    5番は娘可愛さに支配されてしまった親だな。
    どんなに愛しい存在でも節度は持たないとこの父親のようになる。

  57. 匿名 2017年12月11日4:31 PM

    ミザリーのアニーウィルクスと同じ類型。
    自己と他者の区別があいまいで現実認識がゆがんでいて、乖離した妄想の住人、
    依存的かつ強い攻撃欲求を持っている人格障害者。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。