顔写真加工アプリ「FaceApp」、人種フィルター機能を追加し炎上する…



ある顔写真加工アプリが被写体の”人種”を変えられる機能を追加したことが人種差別だとして問題になっているニュース。もったいない…

スポンサーリンク



人工知能を駆使することで被写体の人物を様々な顔に変えることが出来る顔写真加工アプリ「FaceApp」。このアプリは、数々のユニークな機能を備えていることで2017年前半に世界中で流行しましたが、そのFaceAppが最近新たに追加した機能が”人種差別”を助長していると問題になっているようです。
 
従来のFaceAppでは、「若返り」「老化」「笑顔」「性転換」などのフィルターを掛けることが主な使い方でした。画像例↓
 
1. あのプーチン大統領でさえ違和感なく笑わせてしまう高性能ぶり

 
2. 弄ばれるトランプ大統領

 
3. 男性→女性 若者→老人

 
4. 歯を見せて笑うモナリザ

 
5. 誰でもニッコニコ

 
そして新たに追加され問題となっているのが”人種フィルター”という被写体の人種を変えてしまう機能。このフィルターを使えば、被写体の人物を白人・黒人・インド人・アジア人それぞれの人種の特徴を捉えた顔に変化させてしまうことが出来るのだとか。画像例↓(※左上が元画像)
 
6. 

 
7.

 
8. テイラー・スウィフト

 
9.

 
10.

 
11.

 
12.

 
この新しい機能を使用したユーザーらによって次々と加工写真がアップされると、そのクオリティの高さ自体には賞賛の声が多く寄せられましたが、その一方では、黒人ならば”厚い唇に幅の広い鼻”、インド人ならば”毛深い眉毛や髭”、アジア人なら”吊り上がった細い目”だろうと言わんばかりの過剰な演出に”人種差別を助長している”という批判の声も多く寄せられました。
 
批判を受けた当初、FaceApp側は「追加された新機能は人種差別を目的としたものではない」と主張し、人種フィルターの削除は行わないと宣言していましたが、その後も批判の声が続出したことから前言を撤回。現在、同機能はFaceAppから削除されている模様です。
 
海外の反応
・FaceAppが人種差別を始めたらしい
・批判が出ることくらい予想できなかったのか?
・特定の人種を美化しているわけでもないだろうに
・過剰反応し過ぎ
・怒る理由がわからない
・大多数は怒ってないけど批判したいだけ
・誇張しているわけでもなく、良くできたアプリだと思うけど
・利用者のほとんどは子供だろうし、削除は妥当な判断だと思う
・技術自体はとてもクールだ
・差別じゃないって言う奴は顔を黒塗りにしてシカゴを歩いてみなよ
 
via:dailymailcomplexcosmopolitan

人気記事①

人気記事②

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。