17人を殺害・死姦・食人していたアル中の同性愛者がコチラ…



極悪非道な連続殺人犯のルックスが意外過ぎた。人を見た目で判断してはいけない…

スポンサーリンク



1990年代初頭のアメリカを震撼させた恐怖の連続殺人犯「Jeffrey Lionel Dahmer(ジェフリー・ライオネル・ダーマー)」。”ミルウォーキーの食人鬼”と呼ばれ恐れられていた彼は、1978年から1991年にかけて、17人の青少年を殺害。その死体を自宅で保管し、食人・死姦行為を行っていました。
 
当時、ジェフリーの蛮行が明るみに出ると、その異常性と残虐性から、この事件はすぐさま全米で話題になりました。また、彼はその残虐な犯行内容からは想像もつかない甘いルックスをしていたために、そのことも彼が世間の注目を集める要因の1つとなりました。彼の写真がコチラ。
 
1.

 
2.

 
3.

 
4.

 
彼が初めて殺人を犯したのは18歳の頃でした。この頃の彼はすでに自分が同性愛者であることを自覚しており、そのことに加え、複雑な家庭環境で育ち友達すらいない現状に悩まされていました。
 
高校を卒業して間もない頃、彼は1人のヒッチハイカーに出会い、その男性に一目惚れしてしまいます。男性を自宅へと誘い込んだジェフェリーは、彼を帰したくないという思いから、彼を鈍器で撲殺し死体に性的暴行を加えた後、床下に埋めてしまいました。我に返ったジェフェリーは自分が犯した罪の重さに気付くも、もはやどうすることも出来ず、彼は酒に救いを求めました。両親の離婚が成立し父親側に引き取られたジェフェリーは、その頃にはすでにアルコール中毒に陥っていたといいます。
 
5. 18歳の頃のジェフェリー

 
息子が殺人を犯したとは知らない彼の父親は、堕落したジェフェリーを回復させようと様々な手を尽くしました。しかし、どれも効果は得られず、新たな試みの1つとして、彼は祖母の家に預けられることとなりました。
 
その後、酒浸りの日々を送りながらも何とか就職先を見つけたジェフェリー。一時は回復の兆しが見えたように思われましたが、とある日のこと、彼の祖母は彼の部屋で不審な”男性マネキン人形”を見つけました。そのことを問いただされたジェフェリーは、「デパートから盗んだ」と答えました。彼がゲイであることを知らない父や祖母は、彼がその人形で”自慰行為”に励んでいたなんて知る由もありませんでした。
 
初めての殺人を犯した後も男性の体への欲求を抑えられなかったジェフェリーは、様々な形でその欲求を満たそうとしていたのでした。また、逮捕後の取り調べによって、その当時に”墓荒らし”をしようとしていたことも判明しています。
 
やがて生身の男性への欲求を抑えられなくなったジェフェリーは、馴染みのゲイバーで男性客に睡眠薬を盛り、性的暴行を加えるという犯行に及ぶようになりました。この時は被害者側に告訴する意思がなかったため、ジェフェリーが起訴されることはありませんでした。しかし、ゲイバーで知り合った男性とホテルで一夜を過ごしたとあるの日のこと、朝目覚めたジェフェリーは、隣で眠っていた男性が首を絞められ死んでいることに気が付きます。確かな記憶はなかったものの、酒に酔っていたジェフェリーがやらかしたということは明白でした。この日を境に、ジェフェリーは意図的な殺人を繰り返すようになり、”ミルウォーキーの食人鬼”は誕生しました。
 
その後、18人目の殺害に失敗し逮捕されたジェフェリーには、終身刑が言い渡されました。被害者遺族らや”ジェフェリー本人”からも死刑を希望する声が挙がっていましたが、ウィスコンシン州ではすでに死刑制度が廃止されていたため、その希望が叶えられることはありませんでした。
 
しかし、ジェフェリーが終身刑を全うすることはありませんでした。彼はのちに、共に浴室の清掃作業を行っていた精神異常者の囚人に撲殺されてしまったのです。ジェフェリーを殺害した囚人のクリストファー・スカーバー(25)は、警察の取り調べに対し「私は神の子であり、父なる神の命に従い行動しただけだ」と答えたそうです。
 
6. クリストファー・スカーバー(25)

 
ちなみに、ジェフェリーの父親は、息子や自分の関係などについて書き記した自伝「A Father’s Story」を出版しており、その収益の一部を被害者遺族らに慰謝料として寄付しています。
 
出版された本の中では、自分の息子に対しての行動に後悔する気持ちや、これから”父親”となる人々へ向けての思いが語られているそうです。
 
via:dailymailwikipediatumblr

人気記事①

人気記事②

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

17人を殺害・死姦・食人していたアル中の同性愛者がコチラ… への9件のフィードバック

  1. うんこ 2017年8月14日1:15 AM

    自分が抱えている憤りだとか怨恨が無いとしたら自分自身はどうしたいのかね?

    その怒りだとか怨恨が解消出来る、変えられるとしたら自分自身はどうしたいね?

  2. ティンコ 2017年8月21日5:47 PM

    死体としたいかね?

  3. df 2017年10月22日3:39 PM

    薬とかで脳が異常になった者は死刑しかないしその方が幸福だろうね

  4. wtf 2017年11月6日5:31 PM

    結局人間はいつの時代も何も変わらないね
    同じことの繰り返しだね

  5. 匿名 2017年11月6日7:30 PM

    ヘンタイがヘンタイに頃されてしまった。それだけの話。

  6. 匿名 2017年11月6日7:42 PM

    プリズンブレイクのバックエルのモデルかも。

  7. 匿名 2017年11月6日9:03 PM

    死刑しかないな
    完全に反省してないしこのがいじくず

  8. 匿名 2017年11月6日9:12 PM

    殺害した後しばらくして死後硬直が始まる。
    それが生きている人間のそれとは大きく違う。
    死後硬直が解け始めるころも良い塩梅だ。

  9. 蟹馬留 2017年11月6日9:26 PM

    あージェフェリー・ダーマーといえば食人鬼。
    上腕二等筋が美味いとか言ってたなあ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。