14歳少年を殺害した未成年犯罪者のコレクションがヤバ過ぎる…



14歳の少年を殺害し逮捕された19歳の自宅で見つかった”コレクション”が恐ろし過ぎた。一体どうするつもりだったんだ…

スポンサーリンク



2015年6月、イギリス・カンブリア州カーライルのとある墓地にて、頭や首を刃物で複数回刺され死亡している当時14歳の少年「Jordan Watson(ジョーダン・ワトソン)」の遺体が見つかりました。
 
この殺人の実行犯は、ジョーダンと友人関係にあった19歳の少年「George Thomson(ジョージ・トムソン)」。彼はジョーダンの恋人である女の子に恋をしてしまい、嫉妬からジョーダンの殺害計画を企てたのでした。犯行はジョージの他に仲間2名を加えた計3名で行われ、3人は架空の儲け話でジョーダンを墓地に誘い込み、身長がわずか150cmほどしかない彼を集団で殺害しました。
 
1. Jordan Watson(14)

 
2. George Thomson(19)

 
3. 左:Brahnn Finley(20) 右:Daniel Johnston(20)

 
その残虐極まりない犯行内容から、この事件は瞬く間に当時のイギリス中で話題になりました。更に驚くことに、ジョージの逮捕後、彼の自宅からは大量の”武器コレクション”見つかり、その異常性は一層と世間の注目を集めることとなりました。
 
コレクションの内、銃器類に関してはその全てが殺傷能力の低いエアガンであったものの、その他には、血の付いたグルカナイフ、発射可能なクロスボウ、あらゆる形状・長さの鋭利な刃物などが見つかりました。ジョージは、この武器コレクションに関連した嘘の取引を教えることでジョーダンを誘い出したのだそう。
 
4.

 
5.

 
6.

 
7.

 
8.

 
9.

 
10.

 
11.

 
凶悪性を証明するようなおびただしい量の凶器が発見され、犯人らの衣服にジョーダンの血液が付着していたことやその他の状況証拠などから、警察はこの3名らが事件の実犯行であることを確信していましたが、主犯格のジョージは自らの犯行を認めようとしませんでした。しかし、共犯者の1人であったフィンリーが全ての犯行を自白したことで3人には実刑判決が下され、共犯者の2人はそれぞれ10年間と14年間の懲役刑、主犯格であるジョージは27年間の懲役刑に服することとなりました。
 
12. 犯行の数時間前に撮影された自撮り写真

 
ジョージは犯行以前に、ジョーダンの恋人であった少女に交際を申し込んでいたそうですが、少女が彼の話を取り合うことはありませんでした。そして、事件後に15歳となった彼女は、当時を振り返ったインタビューでこう答えています。
 
「ジョージは私に”ジョーダンは君にふさわしくない。”と言ってきましたが、それを決めるのは彼では無いと思いました。それに、ジョーダンはいつでも私をお姫様のように扱ってくれていました。」
 
13. 何百人もの人々が参列したジョーダン・ワトソンの追悼式の様子

 
via:dailymailmirror

人気記事①

人気記事②

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

14歳少年を殺害した未成年犯罪者のコレクションがヤバ過ぎる… への1件のフィードバック

  1. maimai 2017年8月11日5:13 AM

    どこのコマンドーだよ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。