【画像】100年以上保存されている”殺人犯のホルマリン漬け”が恐ろし過ぎる…



かつて凶悪な殺人事件を起こし処刑された犯罪者「ディオゴ・アルヴェス」のホルマリン漬けが不気味過ぎた。鳥肌注意。

スポンサーリンク



ディオゴ・アルヴェスとは、1836年から1839年の間に70人以上の人間を殺害し、1841年に処刑された連続殺人犯。彼の体の一部は解剖資料として保存されており、その姿があまりにも生々し過ぎると話題になっています。その写真がコチラ。
 
1.

 
2. 死後176年が経過しているとは思えない良好な保存状態

 
3.

 
1810年、スペイン・ガリシアに生まれた彼は、出稼ぎ労働のために青春時代の多くをポルトガルの首都リスボンで過ごしました。
 
しかし彼は、次第に地道に働くことへの意欲を失い、26歳の頃には犯罪行為に手を染めるようになってしまいます。
 
犯行は「アグアス・リブレス水道橋」という地元の大きな橋で行われ、この橋を利用していた多くの農民らが、ディオゴによって金目の物を略奪され、自殺に見せかけるために橋の上から落とされて殺害されました。
 
4.

 
それからのディオゴは3年で70人もの命を奪いましたが、犠牲者のいずれもが下層階級に属する人間ばかりであったためか、不自然な自殺が多発しているにも関わらず、警察による詳しい捜査が行われることは無かったといいます。
 
しかしディオゴはやがて、襲うターゲットを富裕層に変えて組織的な犯行を行うようになったため、とある医師の一家を殺害した時に足がつき、逮捕されました。その後の取り調べで数々の余罪が明らかになったことで彼には死刑が言い渡され、1841年に絞首刑に処されました。
 
5.

 
ディオゴの犯した罪は歴史上稀に見る凶悪なものでしたが、彼の生首が保存されることとなったのは、彼の罪の重さからではなく、当時のポルトガルで流行っていた「骨相学」と呼ばれる学説が関係していました。
 
骨相学よると、人間の頭蓋骨の形を計測することで、その者の性格や気質を知ることが出来ると考えられていました。そのため、凶悪な犯罪者であるディオゴの頭は、学者たちの研究材料として注目を集めたのでした。
 
こうして、ディオゴの頭はホルマリン漬けにされて保存されることとなりましたが、研究を続けても学者達は何の成果をあげることも出来ませんでした。実際のところ、骨相学は科学的根拠に欠けている部分が多く、今日では疑似科学として扱われています。
 
6.

 
via:atlasobscurasobadsogood
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

【画像】100年以上保存されている”殺人犯のホルマリン漬け”が恐ろし過ぎる… への14件のフィードバック

  1. 774 のコメント:

    ハゲとるやんけ

  2. 775 のコメント:

    ホルマリンの
    保存能力すごいな
    この男江戸末期の頃の人物やで

  3. 776 のコメント:

    うちの会社の人や。。。
    死んでたんか

  4. 断捨離 のコメント:

    意味ないのなら、くだらんもの捨てなさいな。

  5. None のコメント:

    本当に意味のない学問だったんだろうか。
    「エラが張り、目が細く吊り上がり、耳たぶが
     削いだように欠損している人間は
     犯罪者である可能性が極端に高い。」
    こういう「現実」を「差別」として
    ツブそうとするグループがいるように、
    なにか「不都合な事実」にたどり着いてしまったのではないか。

  6. 名無しさん@ほしゅそく のコメント:

    「エラが張り、目が細く吊り上がり、耳たぶが
     削いだように欠損している人間は
     犯罪者である可能性が極端に高い。」
    これってそのまんま朝◯人に当てはまるじゃないか

  7. 陳哲郎 のコメント:

    ちょっと浜田っぽいね

  8. 名無し のコメント:

    浜田、フィル・コリンズ、アウトー

  9. ななし のコメント:

    浜田もいつかこうなるのか…

  10. 名無しさん@夜更かし のコメント:

    世界崩壊後に偶然忍び込んだ廃墟になった研究所で
    部屋の扉を開けてこれと目が合ったら、漏らす自信がある
    これ後何年保存されるんだろうね

  11. まーね のコメント:

    やっべおれ・・同じ顔しとるし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です