双子の片方だけがタバコを吸い続けた結果を比較した画像集



同じ日に同じ顔を持って生まれた双子の”片方だけ”がタバコを吸い続けた結果がヤバ過ぎた。百害あって一利なし…

スポンサーリンク



アメリカ・オハイオ州にある「Case Western Reserve University(ケース・ウェスタン・リザーブ大学)」の研究者らは、片方のみが喫煙者である、もしくは喫煙歴が長い一卵性双生児の双子を対象に、その顔つきの違いを分析・調査しました。
 
研究材料には、18歳~78歳の双子達、計79組の顔写真が集められ、その中でも、喫煙以外の生活習慣(体型・飲酒の頻度・日焼け具合など)が近いとされる者達が調査対象に選ばれています。
 
1. 右側の女性は17年間に亘って煙草を吸い続けており、唇の周りや目の下に違いが表れています

 
2. この双子は両方が喫煙者ですが、右側の男性は左側の男性よりも喫煙歴が14年長いです

 
3. 右側の女性が喫煙者。目尻や首のシワ・ほうれい線など、随所に違いが見られます

 
4. 右側の女性が喫煙者。彼女は29年間に亘って煙草を吸い続けていました。

 
ケース・ウェスタン・リザーブ大学・クリーブランド大学病院に勤めるBahman Guyuron博士は、喫煙がもたらす肌への悪影響について次のように語っています。
 
「タバコに含まれている有害な成分は、コラーゲンの生成を阻害し、肌の弾力性や潤いを奪っていきます。また、ニコチンは肌の密度を低下させてしまうため、喫煙者は非喫煙者よりもシワが目立つようになってしまいます。」
 
以下からも同様に、喫煙によって顔に違いが生じた双子の画像集
 
5. 左:非喫煙者 右:喫煙者 (※真偽は不明ですがシミュレーション画像であるとの情報も)

 
6.

 
7.

 
8. 左側の女性が非喫煙者であるのに対し、右側の女性は14年間、2日に1箱のペースで煙草を吸い続けました

 
9. 右側の女性は16年間煙草を吸い続けたことに加え、紫外線を浴び過ぎてしまったため、肌の老化がより進んでいます

 
10.

 
11. 右側の女性は1日に3本の煙草を吸っていました

 
12.

 
via:businessinsiderdiariodawebtrueactivist
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です