“中国で最も美人な死刑囚”の犯行内容が腹黒過ぎる…



かつて”美人過ぎる死刑囚”として世間を騒がせた女性死刑囚のご紹介。綺麗な花には棘がある…

スポンサーリンク



1981年、中国・江南省にて劉 冬梅(リウ・ドンメイ)は生まれました。
 
彼女は江南省鄭州市にある観光学校へと通い、そこで王琅 (ワン・ラン)という生徒と出会い、2人は恋人関係になりました。
 
しかしその後、2人がまだ恋人関係であった頃に、彼女はインターンシップで訪れた広東省広州で”黄”という男性と出会い、恋に落ちてしまいます。それから彼女は、王との関係を保ちつつも、既婚者であった黄との間に不倫関係を築き上げました。
 
その関係は約2年間に亘って継続されましたが、王が知人から劉の浮気を知らされたことで、王と劉の関係は終わりを迎えました。ところが、王は劉に対して好意を捨てきることが出来ず、「何か困ったことが起きたら力になるから呼んでほしい」と言い残し別れを告げました。
 
すると今度は、劉と黄の不倫関係が黄の妻である”潘”に知られることとなってしまい、潘は劉に対して厳しい警告を促しました。しかし、このことに劉は腹を立て、潘の殺害を企てるようになります。
 
潘の殺害に協力者が必要だと考えた劉は、元恋人であった王に連絡を取ります。王は当時、劉の住む広州から車で800kmほど離れた海南省海南島に住んでいましたが、劉からの連絡にすぐ様駆けつけたといいます。そして、王に対して正直に話しても協力が得られないと考えた劉は、潘に騙され老人から性的暴行を受けたと涙ながらに話しました。すると王は、劉の話を何の疑いもなく信じ込み、復讐に協力することを誓いました。
 
それから半年も経たない内に殺害計画は実行へと移されることとなります。一緒に芸術鑑賞をすることを口実に劉が潘をホテルへと誘い込み、王を紹介すると、隙を見て潘の頭をハンマーで殴りつけました。潘が倒れると、劉は自らの手で潘の首を絞め殺害。その後、ホテル室内の風呂場でバラバラに解体された潘の遺体は、2つの旅行用カバンに詰め込まれ、広州市内の川へと捨てられました。しかし、事件から間もなくして潘の遺体が入ったカバンが発見され、劉と王は計画殺人の容疑で逮捕されました。
 
1.

 
劉はカジュアルな服装で裁判に現れ、時折ニヤニヤとした笑みを浮かべながら鼻唄を繰り返すなど、余裕を見せていましたが、その表情はどこか悲しみを秘めているようだったといいます。裁判官によって死刑が言い渡された瞬間には、目の周りを赤くしながら、下唇を噛み締め、涙を堪えているような様子だったそう。
 
2.

 
共犯者である王にも同様の判決が下され、2人は2002年に銃殺刑に処されました。
 
以下画像は、劉と並んで”中国で最も美しい3人の死刑囚”に数えられている女性達。
 
3. 任雪:恋人男性を殺害した罪により逮捕

 
4.

 
5. 陶静(タオジン):違法薬物を運搬していた罪により逮捕

 
6. 最期の食事風景

 
via:buzzhand

人気記事①

人気記事②

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

“中国で最も美人な死刑囚”の犯行内容が腹黒過ぎる… への6件のフィードバック

  1. 2017年6月5日10:54 PM

    誰もコメントしとらんな

  2. 名無しさん 2017年6月6日12:26 PM

    美人か微妙だが、美人だろうが中国人は人間的に低レベルだしな……最後の写真のとおり。

  3. 名無し 2017年6月6日3:34 PM

    埋没法の手術痕があるね
    整形美人ってことで美人じゃないです

  4. kao 2017年8月3日10:14 PM

    4だけフォトショ臭い

  5. 匿名処理班 2017年8月9日10:11 AM

    写真3・4は同じ写真やんけ!

  6. 2017年8月9日9:10 PM

    中国でも美人とは言えないと思うが
    単純にスレ立て主には美人に見えたってだけなのかな?
    笑える

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。