【画像】流産してしまった母親が”妊娠11週目”の息子の写真を公開…



アメリカのとある母親がFacebookに投稿した”妊娠11週目の胎児の写真”のご紹介。生命の神秘…

スポンサーリンク



アメリカ・テキサス州に暮らす「Tiffany Burns(ティファニー・バーンズ)」さんは、2人の息子を持つ若い母親。2015年には3人目の子供を妊娠し、新しい家族との生活を夢見ていた彼女でしたが、悲しいことに、彼女は妊娠11週目にして流産してしまいました。
 
1.

 
それからのティファニーさんは悲しみに明け暮れる日々が続いたそうですが、流産から6ヶ月後、気持ちの整理が付いた彼女は、世間の親の流産への意識を高めるべく、自身からのメッセージと共に衝撃的な写真を公開しました。その写真がコチラ
 
2.

 
「写真に写っている手は私。そして、その上に乗っているのは私の息子の「Ezekiel(エゼキエル)」です。2016年1月20日に彼は産まれ、彼の心臓が止まったのは、それから11週と2日後のことでした。しかし、彼の心臓は確かに鼓動していました。彼は生きていたんです。彼は肉塊などではなかったし、細胞の塊と呼ぶにはあまりにも完璧な姿をしていました。よく見てください、彼の可愛らしい指先、つま先を。私は彼の母親になれたことを幸せに思います。彼は1つの人生の在り方を示してくれました。彼は私の”可愛らしい小さな宣教師”でした。」
 
3.

 
彼女のこの行動はアメリカ中で話題となり、彼女のFacebookページには2万件を超えるコメントが寄せられました。
 
海外の反応↓
 
・これ本物?
 ・あなたは何故偽物だと思うの?
  ・あなたは何故本物だと思うの?
・Facebookに投稿しても叩かれるだけ
・残念なことだけど、彼の短い人生には大きな意味があったと思う
・神の御加護があらんことを。アーメン
・貴重な経験を共有してくれてありがとう。あなたの家族に祝福を
・勇気ある母親に賞賛を送りたい
・中絶してる人に見せたい
・性別もはっきり分かるんだね
・彼の”布教活動”が上手くいくことを願っています
 
via:ayoyelifesitenewsfacebook

人気記事①

人気記事②

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。