200万人に1人。”黄金の血”とかいう血液型が凄すぎる…



その異質性と希少性から、通称”黄金の血”と呼ばれ重要視されている血液型のご紹介。

スポンサーリンク



“黄金の血”とは、約200万人に1人の割合で存在する珍しい血液型。通常、人の血液中には最大で342種類の「抗原」と呼ばれる物質が存在しており、その種類数によってA型・B型・O型・AB型を判断する「ABO式血液型」と、Rh因子という要素で血液型を判断する「Rh式血液型」といった判別方法が存在します。
 
1.

image credit:mosaicscience
 
342種類の抗原の内、約160種類は、ほとんどの人間の血液中に存在しています。もしも、それらの抗原が少しでも足りていなければ、その血液型は人類の99%とは異なった珍しい血液型をしているということになります。しかし中には、「Rh抗原を1つも持たない血液型(Rh null)」が存在し、それこそが”黄金の血”と呼ばれている血液型なのです。
 
2.

image credit:mosaicscience
 
Rh抗原を持たないということは、様々な血液型に拒否反応を起こさないということであり、つまりは、血液型の異なる多くの人々に輸血することが可能な血液であるということです。この血液の存在が話題になった当時は、「誰にでも輸血出来る血液型」として大きく注目されました。そのことこそが、この血液型を黄金の血たらしめている理由なのです。
 
3.

image credit:abcnews
 
しかし、この血液型はABO型で分類することが可能なので、正確には、O型かつRh nullの血液型のみが、”誰にでも輸血出来る血液型”なのだそう。
 
2010年時点で、この血液型を持つ人は世界で43人しか確認されておらず、その中で輸血に応じると答えたのは、アメリカ・中国・ブラジル・日本・アイルランドに住む6人だけだったそうです。
 
そして、提供された”黄金の血”は、イギリスのInternational Blood Group Reference Laboratory(IBGRL)という研究所で厳重に保管されています。
 
4.

image credit:abcnews
 
しかし、一見すると万能にも思えるこの血液型には弱点があり、それは、”黄金の血を持つ人に輸血できるのは、黄金の血を持つ人だけ”ということ。その性質から、他人を助けるのには大いに力を発揮しますが、その代わりに、自分は他人からの助けを得られないという、なんとも自己犠牲の精神に溢れた血液型なのです。そのため、黄金の血を持つ人達は日頃からの貯血が欠かせないそうです。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です