【恐怖】硫黄島で自衛隊も米軍も小銃を持ち歩くことが禁止されている理由…



硫黄島にまつわる不思議・恐怖体験談のご紹介。もはや出るとか出ないとかのレベルじゃない…

スポンサーリンク



「硫黄島」とは、太平洋戦争末期に勃発した”硫黄島の戦い”が繰り広げられた場所として知られる島。この戦いでは、日米両軍を合わせて約数万人以上の兵士が亡くなっており、その遺骨の多くが島内の至る所に埋まっていると言われています。現在は定期的に、この地での戦死者を偲ぶための追悼式が政府主催で行われており、時には総理大臣が出席することもあるのだそう。
 
現在この島は、自衛隊と米軍が共同訓練などを行うこともある軍事基地として管理されており、前述した追悼式などの例外を除いて、一般人は立ち入ることができません。そして、この島に駐在する兵士の間では「小銃を持ち歩くことが禁止」されているそうなんです。なんでもその理由は、”心霊現象に遭遇してしまった兵士がパニックで銃を誤射してしまう可能性があるため”なんだとか。この話の真偽は不明ですが、実際に硫黄島では数多くの心霊現象が報告されているそうです。今回は、そんな不可解なエピソードの数々をご紹介します。
 
1. 硫黄島の石

image credit:wikipedia
 
硫黄島の調査を終えて帰って来た1人の隊員が、島内にあった石を記念に持ち帰っちゃったんだとか。通常、島内の物は島の外に持ち出してはいけない決まりがあるんだけど、その隊員は上手く隠してたらしい。でもそのことがあってから挙動がおかしくなって、ついには行方不明になっちゃった。その後、静岡の風穴でスーツを着たまま亡くなってるのが見つかったらしい。
 
2. 呼ばれた

著作者: houman_thebrave (改変 gatag.net)
 
硫黄島勤務になった、霊感が強い自衛官の方の話。
 
ある夜、その方が突然に起き上がり、フラフラとした足つきで外へ出ていってしまったそう。
同室の方が心配して声をかけるも反応は無く、その姿はまるで夢遊病患者のようだったとか。そして、そのまま歩いていくと、あるところでパッタリと倒れてしまったのだそう。自衛官の方の意識が回復してから、あの時に何があったのかを尋ねると、「誰かに呼ばれた気した…」と答えたそうです。その方の霊感の強さが有名だったことから、これには何か意味があると考え、倒れた場所の地面を掘り返したところ、遺骨が発見されたそうです。また、その方以外にも同じような体験をした隊員が複数いるそうで、「呼ばれた」場所には遺骨が埋まっていたのだとか。
 
3. お供え物

 
横須賀の教育隊に行った時に、所属していた隊の分隊士が語ってくれた話。
 
分隊士の同期の人が硫黄島に行った時に、お供え物の一品としてタバコが置かれてあったんだと。
そのタバコを、その同期の人はつい失敬して頂戴しちゃったらしい。 まだ硫黄島に着隊したばっかで間もない頃で、あんまり深く考えていなかったのね。
 
そんでその夜、その同期と一緒の部屋で寝ていた隊員は、隣から聞こえるうめき声で目が覚めたらしい。 案の定、お供え物のタバコを失敬した同期が苦しそうにうめいてる。そいつを起こしてどうしたのか聞いたら、 「寝ていたら急に胸が重くなったように感じて、目が覚めたんだ。そしたら、軍服姿の兵士が”俺のタバコを返せ!”って口の中に手を突っ込んできたんだよ…」と顔面蒼白で答えたんだとか。
 
戦地にいた人とは比べ物にならないかもしれないけど、俺も山にこもって数ヶ月訓練してたから気持ちはわかるわ。女性もいないただの山奥で、自由もなく厳しい環境で体を酷使する日々。嗜好品は唯一の慰めだったっていうことだ。
 
4. 地下

image credit:eto-taku.jp
 
医務科壕という、傷病者を治療するための場所に案内された時の話です。
 
そこの入り口には、観葉植物としても有名な「ポトス」が自生していて、一見すると和やかな雰囲気の場所なんですが、硫黄島の戦いでは、足の踏み場が無くなるほどの人数の傷病者が寝かされていたそうで、その多くは十分な治療を受けることが出来ずに亡くなっていたそうです。
 
そして、この壕は他の壕よりも天井が高めなせいか、開放的な空気でした。(多くの塹壕は地中に作られる上に、地熱の影響などで蒸し暑い)
 
その後、そこで説明を受けていた時、なぜだか足元から、苦しいような、熱いような、閉塞的な感覚が伝わってきました。試しに、「ここには地下室があったのですか?」と質問してみたところ、説明係の方は驚いた表情で「昔は地下があったと聞いています…」と答えてくれました。
 
どうやら、地下が存在していたことは分かっているものの、そこに降りる入り口が見つかっていないのだそうです…。
 
5. 怒声

著作者: U.S. Marine Corps photo by Sgt. Alicia R. Leaders
 
俺が2007年くらいに、自衛隊基地施設建設の為に硫黄島へ6ヶ月間行った時の話ね
 
数か月も島で生活してると、自然と隊員さんとも仲良くなって、色々と話すうちに、この島の心霊現象なんかの話題になることがあったんだ。隊員さんの話によると、戦後から平成にかけて起きた硫黄島の心霊現象は、それはもう尋常じゃないレベルだったらしい。夜中に行進する兵隊が見えたなんてのは日常茶飯事で、中には、夜な夜な「水をくれ」って徘徊する黒焦げの兵士、窓の外から見つめてくる体の一部が欠けた兵士、なんてのを見かけるのも珍しくなかったそう。 きっと彼らの中では、戦争はまだ終わって無かったんだろうな。 だけど、平成6年2月に天皇陛下が硫黄島を訪れた際に、慰霊碑に鎮魂と、日本を守る為に命を犠牲にして戦ってくれた事への感謝の意を捧げると、その日を境に心霊現象がぱったりと止んだんだとか。
 
まあ、この辺はよく聞くような話だな。それで、ここからが俺の体験談。
 
隊員さんから心霊現象の話を聞いた夜、怖くて自室で布団を頭まで被って寝てると、誰かが体を揺すってきたんだよ。疲れてたからシカトして寝ようとしたんだけど、そしたらもっと激しく体を揺すってきて、「オイ!もう朝だ!いい加減に起きないか!」と怒鳴る声が。そんなことあるわけないよなと思いながら薄目を開けると、ホントに布団の隙間から朝日が見えた。
 
まだ全然寝た気がしないなーとか思いながら体を起こしたんだけど、あまりの恐怖で体が動かなくなった。気付いたら夜になってるんだよ・・・。 もう明らかに、部屋の中も外も真っ暗になってて、普段はやかましい同僚のイビキとか、風の音すら聞こえない無音状態で、起きろって体を揺すってた奴の姿も見えない。
 
もう体中に鳥肌が立って、頭の中は完全にパニくってたんだけど、扉の前に、暗闇よりももう一段階黒く見えるような人型のシルエットが見えたんだ。
 
俺がその人型の存在に気付いた瞬間、「何をしてるんだ!さっさと支度をせんか!バカ者が!」とハッキリと聞こえる声で怒鳴られた。その時に意識を失ったのかわからないけど、目が覚めたらすでに朝になってて、 相部屋の人に心配そうな顔で、「すごいうなされてたけど大丈夫か?顔色悪いし、具合悪いなら休んどけば」って言われた。 たしかに絶不調だったからおとなしく身体を休めることに。
 
でも、そのことを改めて思い返したら、怖いってよりかは何か切なくなってしまったわ。 アメリカ兵、日本兵関係なく、彼らの戦争は何時になったら終わりが来るんだろうって(硫黄島ではもちろん、米兵の幽霊が目撃されることもある)。建設中には、未だに至る所から遺骨やら遺品やらがわんさか出てくるし、そりゃあこんな状態じゃ、成仏できるわけがないよなとか思いながら。
 
現代で平和に暮らしてる俺たちは、本当に彼らの命の上に立つ価値があるのだろうか、とか色々考えさせられてしまったよ。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

【恐怖】硫黄島で自衛隊も米軍も小銃を持ち歩くことが禁止されている理由… への3件のフィードバック

  1. 羊君(元陸自) のコメント:

    聞いた話だと天皇陛下が来た際旧日本軍兵士達が集まり
    涙を流す者や敬礼をする者、身体の一部が無く頭を下げる者が居たそうだ
    その後心霊現象が激減した所は同じらしい。

    勇敢なる兵士達のご冥福をお祈りしたします

  2. 軍事速報の少将 のコメント:

    「天皇陛下が来た際・・」 この表現は不敬だろ!
    「天皇陛下がお見えになった際」が一般的。

  3. a のコメント:

    「天皇陛下が行幸なされた際」が正しいだろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です