【ギネス世界記録】世界一大きい角を持つ牛



世界一大きい角を持つ牛としてギネス世界記録に登録されている、Lurch(ラーチ)君の動画像です。

スポンサーリンク



アメリカ・アーカンソー州の農場で飼われていたラーチ君。彼は、全長約2.3m、太さ約95cmの巨大な角を持っていて、左右両方の角を合わせた重さは90kgを超えていたそうです。
 
1.

 
ラーチ君はアンコーレ・ワトゥシ(学名:Bos taurus)というアフリカに生息する牛の仲間で、この種類の牛は長い角を持っているのが特徴。アンコーレ・ワトゥシという名前は、ルワンダとウガンダの国境付近に住んでいる部族の名前に由来していて、これらの部族が元から飼っていた牛同士が掛け合わされて作られたのがこの品種。
 
2.

 
威圧感のある見た目に反して、同じ牧場で飼われている馬をイジメから守る優しさも持ち合わせていたというラーチ君。牧場を訪れる子供達を背中に乗せたりと、穏やかな性格で親しまれていました。2010年の5月に亡くなっているそうです。享年14歳でした。
 
3.

 
4.

 
5.

 
日本のテレビクルーがラーチ君を撮影している様子。

 

人気記事①

人気記事②

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントをお待ちしております!※コメントが反映されるまでに時間が掛かる場合があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。